トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暗殺忍者ラートラータ
ゲテモノと言うとゲテモノガンダム=フロスト兄弟を思い出すペドレオンです。


ラートラータ⑥
【ラートラータ/RARTORATA】
登場作品:超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズネオ
所属陣営:ブレントロン/BLENDTRONS
変形形態:ミノカサゴ+ハチ
キャラクターボイス:斎藤信行

ラートラータは邪悪なユニクロンが生み出した尖兵ブレントロンの一員である。ユニクロン復活のために活動する彼は、仲間たちとともに各地に点在するアンゴルモアカプセルを狙う。目的を達成させるためにはチームメイトをいつでも犠牲することすら考えている容赦ない性質を持った兵士である。彼のパワーはやがて、創造主の復活のために捧げられることになる。


ラートラータ⑧
「逃がしはしない。すべてのトランスフォーマーを滅ぼし、すべてのアンゴルモアカプセルを手に入れるのだ!」


ゲテモノキャラはこう見えても大好きです。

『ビーストウォーズネオ』に登場したユニクロンの配下、サイバトロンでもデストロンでもない謎のトランスフォーマー・ブレントロンからラートラータです。

アニメでは2クール目の終わりに登場した敵で、ユニクロンを復活させるという目的を持った凶悪なブレントロン。

なぜか全員忍者。

フューザーと同じく、2種類の動物が混じった姿のトランスフォーマーです。

先日、地元の中古ショップをブラリと訪れた時に1000円で購入。

フューザーラインナップで日本未発売だったInjector(インジェクター)の流用商品ですが、デストロンのインシグニアがないだけでほぼ同じものです。


ラートラータ⑪

ゲテモノデザインを極みを突っ走ったと思えるデザインのラートラータ。

ミノカサゴとハチを合体させてこんなデザインにするとはすごいデザインセンスでございます。

とはいえこのモンスターなデザインは謎の敵としては打ってつけです。

ユニクロンが生み出したと言うのなら、なおさらこのデザインはピッタリでしょう。


ラートラータ⑩

うぎゃー!怖いー!

でもなんかクセになるww

アニメでは結構見せ場もあったりして、ブレントロンの中では一番働き者だったように思えます。

オルファオルファは空間を叩き割ったりして印象強かったけど、ドランクロンは微妙だったような…w


ラートラータ⑤

スプリングギミックで敵に食らいつくようなアクションが取れます。

頭部のラートスラッシャーは今で言うオートモーフに近いギミックで稼動します。

このギミックはもちろんビーストモードでも使用可能です。

うう、おぞましい…w


ラートラータ⑨

そこまでガツガツ弄れるトイではないですが、飾っておくとその周辺が異空間になったかのような不思議なオーラを感じさせます。

カラーリングもド派手でめちゃくちゃ警戒色丸出しなので、異質さをより一層強くしています。

ポイズンアローはスプリングギミックで発射可能です。


ラートラータ⑦

頭でっかちだなー。

すごいデザインだわ。

頭部の大きさに反して、スマートなボディラインのアンバランスさが良いのかもしれません。

ペドレオンも最初は「こいつはちょっと…」な抵抗感がありましたが、飾ってみると案外いいですよw


ラートラータ④

ビーストモード。

ミノカサゴ+ハチ。

キワドイです。

変形は単純で、後ろでくっついてる両手を引き離すだけのようなもんです。

ラートラータは変形よりも見た目のインパクトで勝負している感じがします。


ラートラータ②

ぐわぁー!!

こんなん襲ってきたら悲鳴あげて全力で逃げるでしょう。

怪獣だよこれwww

でも好きw


ラートラータ③

アメリカのファンからはラートラータという名称が意味不明だと言われています。

そりゃそうだ。日本のスタッフが適当に語呂の良さだけで付けたに違いない名前だしw

だた、ミノカサゴの学名がPterois lunulataということで、最後のlataの部分を名前の由来と考えるファンもいるようですが果たして…。

加えてブレントロンの存在自体が、まるでラヴクラフト神話のようだと感じているファンもいるようです。

かの有名な「クトゥルフ神話」ですね。

エルファオルファが空間を叩き割る描写や、ブレントロンたちのグロテスクな姿、原始の神を復活させようとする様子など。

多分、スタッフはそんなことまったく意図していないと思いますが…w


ラートラータ

クイックストライクなんかと比べてみると、いかにデザインが強烈であるかがわかります。

ま、クイックストライクやシルバーボルトは基本中の基本だったわけですね。



(トランスフォーマー ビーストウォーズ「X-6 暗殺忍者ラートラータ」より)
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


BUZZSAW
バァズソ~ゥ!

イッツ・バァズソ~ゥ!

あ、本日からちょっとだけ写真のサイズを大きくしました。


バズソー⑧
【バズソー/BUZZSAW】
登場作品:BEAST MACHINES:TRANSFORMERS
所属陣営:サイバトロン/MAXIMALS
変形形態:スズメバチ(テクノオーガニック)
キャラクターボイス:なし

メガトロンの放ったウイルスの影響を受けたバスソーは、ラットルによって救助された。それ以来、彼はサイバトロンに感謝し、協力関係を結ぶようになる。その素晴らしい飛翔能力とゴシップ好きな性格は、彼を優秀な情報偵察員に仕立て上げた。様々な機能を備えた毒針は、強固な装甲も貫き、また高感度の受信機としても送信機としても作動する。


バズソー⑥
「I float like a butterfly but sting like a bee!」
(蝶のように舞い、蜂のように刺す!)



説明は不要でしょうが『BEAST MACHINES』とは『ビーストウォーズリターンズ』の原題ですね~。

そのラインナップからバズソーさんを紹介ですw

上の台詞はテックスペックに乗っていたモットーのものです。

このクリーチャーなデザイン。

一度扱うとクセになってしまいますねぇw


バズソー

本作でのバズソーは『ビーストウォーズ』のラインナップでも登場したバズソーと同じように、スズメバチに変形します。

前作のバズソーと同一人物なのか?

という疑問ですが、調べてみたところ当初はプレダコンバズソーとして開発されていたとのことです。

しかし、敵組織はビーコン軍団。

混乱を避けるために、マクシマル側として発売された模様ですね。

開発過程から見ても、おそらく前作のバズソーと同一人物と考えてよいでしょう。

ただテックスペックのモットーは、『ギャラクシーフォース』に登場したヘリコプターのバズソーと同じものです。

まぁ単純にオマージュみたいなもんでしょうねw

ラットルに助けられてサイバトロンに加入という部分も、なかなか面白い設定だと思いました。

セイバートロン星の危機に、元デストロン兵士も協力!

燃える展開ですなー!


バズソー⑦

さてさてトイのほうですが、サイズは結構ちっちゃいです。

でも!トランスフォーマーはちっちゃい方がグリグリ動いてくれる!

このバズソーも同じでございます。

お尻にちょっと付け根が干渉する以外はなかなか。

しかし、この左腕…。

すごいモノです。

まんまスプリングが使われていて、外見的には不自然極まりないですww

これはテクノオーガニックだという誤魔化しもききませんなぁ…。


バズソー⑤

左腕のスティンガーはバックリ開きます。

毒針以外にもレシーバーとかトランスミッターにもなるらしいので、なんと便利な武器でしょうw


バズソー④

スティンガー内部にはサイバトロンのインシグニア=スパーククリスタルが備わっています。

しかし分かりにくいところにあるんだなー…。


バズソー③

このクリーチャーなデザインカッコいい…。

いいですねーw

結構気に入ってしまいましたw

昆虫タイプは扱ってて面白いです。


バズソー⑪

ビーストモード。

テクノオーガニックのスズメバチに変形。

面白いなと思ったのは、羽根がそのままロボットモードの足になるところですね。

頭部の変形がワスピーターに似ていたので、ギミック自体はそのままなのかなーと思いましたが…。

この大胆さにはビックリしました。


バズソー⑩

スプリングが目立つケツですね…。

否、昆虫のあの部分は腹部です。

ビーストモードの頭部を左右にフリフリすることもできます。

このギミックは表情が付けやすくて大好きですw


バズソー⑨

こうして見るとメカっぽいですよね。

なんだかんだで有機物と無機物の融合体という雰囲気が出ていて好きなデザインです。

ちなみに前作のバズソーはYellowjacketと呼ばれる比較的小型のスズメバチということだったようですが、今回はWaspということになっています。

Waspは広い種類の攻撃性の強いハチに対して使われる呼び方で、スズメバチに限定されないものです。

Hornetは大型のスズメバチに対して使われます。



バズソー②

アタックモード。

スプリングは目立ちますが、スズメバチらしい攻撃スタイルを取ることが可能です。

いやー、このスタイリングがカッコいいんだなーまたw

結構オススメの品ですw



(BEAST MACHINES「BUZZSAW」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


デヴァイスジャガー
新シリーズ発売!

『トランスフォーマー デヴァイスレーベル』よりデヴァイスジャガーです!


ジャガー⑥
【デヴァイスジャガー/RAVAGE】
登場作品:トランスフォーマー デヴァイスレーベル
所属陣営:デストロン/DECEPTICONS
変形形態:USBメモリ
キャラクターボイス:なし

サウンドウェーブとメガトロンからの命令で、パソコン内部で探査活動を行うサイバトロン軍への破壊侵入とスパイ活動を行っている。 (セットアップメニュー内データより)



ジャガー⑧

トランスフォーマー本来のテーマである「Robots in disguise(偽装するロボット)」をコンセプトに、実生活に潜むシリーズとして新たに展開されたデヴァイスレーベル。

このシリーズでは小型の電子機器にトランスフォームするロボットたちが非常に魅力的で、なおかつ実際に「利用価値のある商品」だったりしますw

その中から、USBメモリに変形するデヴァイスジャガーを紹介。

ジャガーの元祖はカセットロン部隊の諜報破壊兵ジャガーで、当時はカセットテープに変形していましたが、「記録媒体に変形」というコンセプトは失わないままUSBメモリという現代的なアレンジがなされています。

これはなかなか素晴らしいアイディアだと思います。

この商品と同時にサイバトロン側ではタイガトロンが発売されています。

本当にただの色替え商品で、中身の機能に関しては一緒です(説明書も共通)。


ジャガー⑦

もちろんこのデヴァイスジャガーは立派な記録媒体としての機能も持っています。

用量は2GB

しかし、考え方次第では「USBメモリがデストロンだった!」なんていうのはかなり恐ろしいものです。

USBメモリはかなり便利な記録媒体ですが、小型なので盗難にあいやすく、情報漏洩しやすいアイテムでもあります。

デストロンがそれを利用して重要なデータを盗み出すということは十分に考えられるし、実写版などでも扱われそうなテーマでもあります。


ジャガー⑨

パッケージはこのように、おもちゃ然としたものではなくいかにも電化製品屋さんのパソコンコーナーにおいてそうなデザインです。

ちょっと大人な感じ?w

しかしまぁ、USBメモリなだけあって結構なお値段しますなぁ。

ちなみにペドレオンはヨドバシカメラのポイントでガッツリ割引してもらったので、低価格で購入しましたww


ジャガー⑤

パソコン本体の形状によってはポートに差し込めない場合があります。

もともとコネクタが短い上、パーツが干渉する場合があるので。

ペドレオンもノートには差し込めますが、家族が使っているパソコンにはセットできません(T_T)

あと個人的にはダイオードで目を光らせるとかしてもらいたかったな~。


ジャガー⑩

変形させる場合はコネクタを収納させましょう。

実際にメモリとして使用する方は特に重要です。


ジャガー⑭

ジャガーモード。

なかなか元祖ジャガーそのままのイメージで可愛らしいです。

シリーズを通して人気のあるキャラなので、優遇される理由はわかります。


ジャガー⑬

おすわりもできます。


ジャガー⑫

おお、さすがパインさん。

動物病院の娘は伊達じゃないですね。


ジャガー

デヴァイスジャガーの機能。

デスクトップアクセサリーとして、ジャガーがデスクトップ内に現れます。

これのためにデヴァイスジャガーを買っても損はないと思います。

値段分遊べます。


ジャガー③

デスクトップ内をうろうろするジャガーが猛烈に可愛らしいですw

色々操作することで「吼える」「アイコンを食べる」などのアクションが見られます。

放置しておくと、おやすみモードに入ったりもしますw


ジャガー②

ちなみにセットアップメニューで設定変更をするとタイガトロンになります。

えー、これじゃあ両方売れないんじゃ…(^_^;)



(トランスフォーマー デヴァイスレーベル「デヴァイスジャガー」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


BLACKARACHNIA
本日はR指定です。嘘です。

かなりグラビアチックですww

ブラックアラクニア⑩
【ブラックアラクニア/BLACKARACHNIA】
登場作品:TRANSFORMERS:ANIMATED
所属陣営:ディセプティコン/DECEPTICONS
変形形態:クモ(テクノオーガニック)
キャラクターボイス:クリー・サマー

ブラックアラクニアは有機生命体の性質を持つ特異体質のディセプティコンである。彼女はかつてエリータ・ワンと名乗っていたコピー能力を使うオートボットだった。だが、ある惑星の調査に向かった際、そこで遭遇した巨大なクモをコピーしてしまい、テクノオーガニックボディを持つトランスフォーマーへと変貌したのだ。以来、彼女はディセプティコンとなり、元に戻るための方法を見つけ出すべく活動する。その仮面の下には、オプティマス・プライムに対する辛く哀しい感情が隠されているのである。


ブラックアラクニア⑧
「My friends call me, Blackarachnia.」
(わたしのお友達はブラックアラクニアって呼ぶわ)


クモ姉さん登場!

ブラックウィドーことブラックアラクニアです!

かつて『ビーストウォーズ』てセクシーなお姉さんキャラだったブラックウィドー(海外名BLACKARACHNIA)が『アニメイテッド』で再登場。

元サイバトロンのデストロンという設定も踏襲されているし、人気の証ですねーw

そしてこのクモ姉さんはとにかく哀しいキャラなのです。

でもって、このトイの完成度は素晴らしいのです。


ブラックアラクニア⑲

今回はビーストモードからです。

テクノオーガニックボディを持つクモに変形。

かつてのブラックウィドーは名前の通りクロゴケグモ(Black widow spider)に変身しましたが、今回は特にモチーフは決まっていない模様です。

海外名がブラックアラクニアなのはかつてブラックウィドー(黒い未亡人)というテロ組織が存在していたからだと思われます。

アラクニアという言葉は、ギリシャ語で蜘蛛を意味するアラクネーに由来するもので、語源はギリシア神話に登場するクモに転生させられたアラクネーという女性。

分類でクモ綱をarachnidとしているのはこのためですね。


ブラックアラクニア⑱

大きさやスタイリングは『ビーストウォーズリターンズ』版のブラックウィドーに近いものだと思われます。

しかし全体的なシルエットやカラーリングは『ビーストウォーズメタルス』でのメタルスブラックウィドーに近いです。

歩脚は一部をのぞき、ちゃんと可動するのでクモっぽらしさを演出することができます。


ブラックアラクニア⑳

ブラックウィドーだけでなくタランスなどのクモキャラはいましたが、「クモの糸」が再現されたのはこれが初めてではないでしょうか!

このギミックはかなり面白いです。

メジャーみたいに引っ張り出して、巻き取ることもできる。

実はこのギミックがあるからこそ、クモ姉さんの購入を決めたようなもんなんですww

やっぱ遊べるトイじゃないとねw


ブラックアラクニア⑰

ウチの庭の木にぶら下げてみましたw

フックは結構固いので、簡単には落ちません。

アウトドア対応です。

遊べます。


ブラックアラクニア⑯

こういうとこで撮影してみるのも、違う味が出ていいですね。


ブラックアラクニア⑪

ロボットモードに変身!

とにかく、女性ロボという点から見れば紛れもない最高傑作!

しかも変形するわけですから。

非人間でありながら、この女性的なラインを完全に再現しているのは素晴らしいの一言。

やはりタカラトミーの技術力は宇宙一です!


ブラックアラクニア⑨

牙(生物学的には鋏角というらしいです)が回転して、腰のくびれを再現するのには驚かされました。

普通こんなん思いつかんで!

これ考えた人、天才や!


ブラックアラクニア⑥

武器は手首の内側にセットできます。

この発射モーションはどうみてもスパイダーマンww

いえ、こういう遊び心好きですよw


ブラックアラクニア⑮

ブラックアラクニアは仮面を被っているという設定です。

この仮面は、最初期の(ノーマル時の)ブラックウィドーのデザインが反映されたものとなっています。

ロボットモードでも目が複眼なのは『リターンズ』版ブラックウィドーのものですね。

また全体的なフォルムはメタルスブラックウィドーの意匠が見られます。

アニメイテッド版はこれまでのブラックウィドーの集大成的なものなんでしょうね。


ブラックアラクニア⑦

とにかくラインがセクシーです!

フトモモあたりが特にw

レベッカ・ローミン

ナターシャ・ヘンストリッジ

いや、モニカ・ベルッチとか?

ペネロペ・クルスもセクシーだしな~。


ブラックアラクニア⑫

というわけで、ここからはクモ姉さんのグラビア撮影ですww

ラインが女の子まんまな上に、可動範囲がそういうポージングを可能にしてくれるのでエラいこっちゃ!

まずはお上品スタイル


ブラックアラクニア⑬
「別に!」

って感じのツンデレ風味


ブラックアラクニア③

ぶりっ子~~ww


ブラックアラクニア②

体柔ッ!

いえ、フトモモの付け根の関節が二重構造になっているからこその芸当です。

技術進歩したなー。


ブラックアラクニア

女の子座り。

ポージングちょっと厳しいですが、でもかわいいです(^ ^)


ブラックアラクニア⑭

寝転がっちゃったよww

どうすりゃいいんだよもーーww


ブラックアラクニア④

はーい、ブラックアラクニアちゃんこっち向いてー!

ってか?w

いえ、足を組ませて座らせるのがここまで綺麗に決まるとは思いませんでしたw

クモ姉さん素敵ッシャ!


ブラックアラクニア⑤

なんかほとんどグラビアで終わっちゃいましたねw

ではでは、ごきげんよう~♪


(TRANSFORMERS ANIMATED「DELUXE BLACKARACHNIA」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


THRUST
さー、次は輸入品からで~す。

スラストで~す。


スラスト⑦
【スラスト/THRUST】
登場作品:TRANSFORMERS:REVENGE OF THE FALLEN
所属陣営:ディセプティコン/DECEPTICONS
変形形態:ジェット戦闘機(ロッキード・マーティン F-35・ライトニングII)
キャラクターボイス:なし

スラストにとって地球は最高の遊び場で、彼自身より小さい存在を脅かすのが何よりの楽しみなのである。スラストは完全にオートボットの存在を避ける傾向にある。その代わり、彼は小さな人間たちの武装集団と戦うことを選んでいるのだ。ただし、彼は敵の武器の存在が明らかになると、それらに対して震え上がり、宇宙へと逃亡してしまうのだった。


スラスト⑥

パッケージ裏のテックスペックを訳して、色々要約してみたつもりですが、なんだかよく分からない説明文になってしまいました…。

というわけで、『Revenge of the Fallen』ラインナップのスラストです。

臆病な性格のスラストは、G1シリーズに登場したジェットロン部隊の一員・スラストを意識したと思わせる設定になっていますね。

色も赤いし、まんまスラストですw

トイは、オートボットのブレイクアウェイのリデコですが、カラーリングはこっちが好みだったのでこっちを購入しました。

いやー、思っていた以上に面白いトイでしたw

輸入トイショップで購入。


スラスト⑤

メックアライブ機構は右腕のガトリング砲が回転します。

このトイの面白いところは、従来の「コクピットが胸部になる」という戦闘機型変形ロボットの固定観念を捨てさって、「胸部と頭部が一体化」していることじゃないでしょうか。

この独特のスタイリングがまたカッコいいです。

変形もほとんどストレスなくできるので、かなりの良トイです。


スラスト④

コクピットから頭部が出現というのは奇抜極まりない発想です。

これはなかなかスゴイなぁw

ブレイクアウェイとの違いはこの頭部のみ。

個人的にはブレイクアウェイの頭部のままでもよかったなー。

集光ギミックも死んでるし。


スラスト③

了解!

ってやりたくなっちゃうww

手のかたち的にww


スラスト②

主翼も尾翼もジェットエンジンも全部背中に背負ってます。

これはロボットモードでも自在に飛べそうな雰囲気が出てていいですねw

ディセプティコンのインシグニアがキマってます。


スラスト⑫

ビークルモードにトランスフォーム。

モデルになったのは2012年の配備に向けて開発真っ最中のロッキード・マーティン F-35・ライトニングIIです。

JSF=Joint Strike Fighter(統合攻撃戦闘機)とも呼ばれるこの最新鋭戦闘機は、ステルス性を備え、ほぼ同じ機体構造でありながら、異なる性能を持つ3機種に派生している特殊な戦闘機です。

通常離着陸を行うアメリカ空軍用のA型、短距離離陸・垂直着陸を行うアメリカ海兵隊・イギリス空軍・海軍用のB型、艦載型でアメリカ海軍のC型。

かなり規模の大きなプロジェクトであり、F-16に代わる次世代の主力戦闘機になるだろうと注目を浴びています。


スラスト⑩

まぁこのトイはあくまで「F-35風の」という姿勢なので、実機とはデザインが違うのがあたりまえです。

まず機種の形状が実機よりもシャープで、主翼や水平尾翼の形状はむしろF-16に近いデザインです。

なので「F-35とF-16を足したようなデザイン」と思っていたほうがいいかもしれませんw


スラスト⑧

頭部はコクピットから丸見えです。

擬態する気はさらさらないようです。


スラスト

『ビーストウォーズII』のスラストと並べてみました。

やっぱスラストは赤だよなぁw黄色もいいけどw

え、イカトンボ?

彼はイカトンボですよww


スラスト⑨

デラックスサイズなので、『ヘンケイ!』スタスクとほぼ同じ大きさです。

並べると結構イイ感じですよw


スラストa

おまけのガウォークw


(TRANSFORMERS:REVENGE OF THE FALLEN『THRUST』より)


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。