トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイン☆ストリート

メイン
【メイン☆ストリート】


『マクロスF』に登場する歌姫シェリル・ノームの歌パートで人気を博したMay'nちゃんオリジナルファーストミニアルバムです。

マクロスと言えば「歌」

なので歌い手の方にもすごく注目していたんですが、既存のオタクに媚を売るようなアニメソングとは大いに異なる「プロの歌」に第1話を見た当時とても感激しました。

そんなMay'nちゃんの記念すべき最初のミニアルバムには、全7曲が収録されています。


1.【May'n☆Space】
作詞:真名杏樹 作曲:菅野よう子 編曲:鈴木雅也

1曲目の【May'n☆Space】は、『マクロスF』の音楽担当の菅野よう子が作曲。

そこはかとなくアニメソング臭はしますが(イントロあたり)、May'nちゃんの歌い方のおかげもあってか非常に可愛らしいポップソングに仕上がっています。

かと言ってテンションが高すぎるわけでもないので、落ち着いて聴けて、ググっと世界観に引き込まれる感じが心地良いです。


2.【キスを頂戴】
作詞:シライシ紗トリ 作曲・編曲:シライシ紗トリ

個人的にはあまり好きな曲ではありません。

水樹奈々の楽曲みたいだ。

シライシ紗トリという人物について調べてみましたが、ORANGE RANGEのプロデュースやジャニーズへの楽曲提供など、ペドレオンの苦手(ORANGE RANGEは大嫌い)なアーティストばかりの名前が出てきました。

そりゃ好きにならんわ…w


3.【BLUE】
作詞・作曲:May'n 編曲:シライシ紗トリ

3曲目はMay'nちゃん自身が作詞作曲を担当。

初期の愛内里菜を思わせる切ないバラード調の曲です。

このアルバムの中では一番好きかな~。


4.【Glorious Heart】
作詞:シライシ紗トリ、Candy 作曲・編曲:シライシ紗トリ

いかにも「感動的な曲でしょ?泣けるでしょ?」なスイーツ(笑)っぽい雰囲気があって、いまいちピンと来ない曲。

May'nちゃんの歌唱力だけ楽しんでますw

悪い曲じゃないんですけどねw

うーん、やはりシライシ紗トリとはウマが合わないようです。


5.【WHY? 】
作詞:真名杏樹 作曲・編曲:シライシ紗トリ

これはかなり好みの曲です。

アヴリル・ラヴィーンのようなティーンズ向け洋楽に似たロックな曲調です。

歌詞が可愛らしくて面白い。

内容からしても、ティーンズな雰囲気が漂います。

オススメです。


6.【嫌、嫌】
作詞・作曲:May'n 編曲:シライシ紗トリ

こちらもMay'nちゃんによる作詞・作曲。

タイトルからやたら暗い歌かと思いましたが、そこまで思いつめた歌じゃありませんでした。

テーマは「恋愛による異性間の理解出来ない気持ち」らしい。

すれ違いソングですね。


7.【ライオン―May'n バージョン―】
作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子

真打登場?w

『マクロスF』後期オープニングテーマ【ライオン】のMay'nちゃんソロバージョンです。

シェリル・ノームではなく、あくまでMay'nのソロであるところがポイント。

中島愛ちゃんが歌っていたパートもバックのコーラスも全部歌っているので、オリジナルの【ライオン】を聴いたあとだとすごく新鮮に感じます。



マクロスを見ていなかった人がふとしたきっかけで、May'nちゃんの楽曲を聴いて気に入ってくれるたらファンとしても嬉しいですね~。


(2009年1月21日発売「メイン☆ストリート」より)

スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


Deep Freeze
deep freeze
【Deep Freeze】
作詞:愛内里菜
作曲:輝門
編曲:AKIRA
歌:愛内里菜


高校生の時に【NAVY BLUE】という曲を聴いて以来、里菜ちゃんのファンです。

それまで愛内里菜という人は「名探偵コナンのオープニングを歌っている人」という印象が強かったのですが、このような切ないメロディを歌える人だと知ってから一気に虜になりました。

【Deep Freeze】とは「瞬間冷凍」という意味で、真冬の冷たさがメロディから伝わってきます。


Deep Freeze 初めて君が

こんな不器用に生まれついた

こんな…こんな私のために

Deep Freeze


という導入部から、切なさ、冷たさ、愛おしさが一気に伝わってくる様は、里菜ちゃんのボーカルだからこその賜物でしょう。

間奏の時に徐々に曲がフェードアウトしていくんで、「あ、これで終わりか」と一瞬思わせつつ再び歌いだすあたりはちょっと斬新だなと思いました。

ちなみにカップリングの【White X-mas Song】は、比較的里菜ちゃんの地声に近い声で歌っている、非常に可愛らしい隠れた名曲です。

ベストクリスマスソングですよw

ここ最近の里菜ちゃんの曲は飽きっぽいというか、正直面白味に欠ける曲が多く、いつしかペドレオンも離れてしまいました。

事務所的な制約があるのか、本人の意向なのか分かりませんが、もっとこういった曲を歌って欲しいですね。

ちょっと批判的なことを書いてしまいましたが、今でも里菜ちゃん大好きですよw


(2002年11月20日発売「Deep Freeze」より)

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。