トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


字幕翻訳
えー、最近ブログ放置気味でした。

いかん、いかん。

しかも『トランスフォーマー』をメインに扱ってるつもりなのに、全然扱ってないじゃないか!

というわけで、今回は実写版『トランスフォーマー』の字幕について取り扱いたいと思います。

いよいよ今週末BD・DVDが発売の『トランスフォーマー:リベンジ』

でも今日はスクリプトがないので1作目を扱います。


字幕翻訳というのは非常にデリケートかつ、難しい作業です。

どの言葉を活かすのか、どう翻訳して制限字数に収めるか、といったあらゆる制約がかけられます。

翻訳する時間も限られているので、翻訳家の方々はいくらプロとはいえ見落としやミスがいくつかあるわけです。

まぁ、かの有名なN.T.女史は別ですがね…(笑)

あの人の『X-MEN』の翻訳でいくつか許せない部分が!

プロフェッサーXが「~しちまうぞ」なんて言ってますが、プロフェッサーはそんな言葉遣いをする人じゃないって!

「~しようか」でいいかもだぜ。←笑

重要な施設の「恵まれし子供たちの学園」もなんか変な訳になってたなぁ。


まぁそれはさておき、『トランスフォーマー』では松崎弘幸さんというお方が翻訳を担当されています。

この方は最近見かけるようになった翻訳家さんで、多くのSFものを担当しています。

で、もちろんまだまだお若い方なのか、所々「おや?」と思う部分があります。

『トランスフォーマー』でも何箇所かありましたので検証してみたいと思います。



1.オプティマス・プライムがジャズを紹介するシーン。

原語「My first lieutenant. Designation, Jazz.」
字幕「我が軍の将軍、名前はジャズだ」


※ポイントは「My first lieutenant」「我が軍の将軍」という翻訳されていること。「first lieutenant」とは軍階級で「中尉」を意味します。が、そもそもオートボットは軍隊ではありませんし、「私の中尉」なんて言葉はかなり不自然です。そういった理由から字幕では「将軍」と意訳したのでしょう。吹き替え版でも「将校」と訳されています。
 日本版アニメや玩具シリーズで、ジャズはかつて「副官マイスター」と呼ばれていました。「lieutenant」という言葉には「副官」という意味もあります。ここから推測するに、本来は「私の副官」という意味合いだったのではないかと思います。firstと付くのは、おそらく「ファーストレディ」などと同じようなニュアンスなんだと思います。


2.味方と思っていたF-22が実はスタースクリームで、攻撃を受けて「なんで攻撃してきた!?」とレノックスがエップスに問うシーン。

原語「F-22 pilots would never fly below buildings.That's alien.」
字幕「F-22はビルより低くは飛べない。あれはエイリアンだ」

※この字幕は戦闘機に詳しくない人たちを大いに混乱させた字幕です。普通に考えれば、戦闘機がビルより低く飛べないわけありません。だったら着陸なんてできやしない(笑)
 単純に字数制限でこういう翻訳になったんでしょうが、やや意味が通じなくなってます。この台詞を直訳すれば「F-22のパイロットは決してビルより低くは飛ばないだろう」となります。
 せめて「F-22はビルより低くは飛“ば”ない」だった良かったのに、とつくづく思います。



まぁ、違和感があったのはこの二つです。

案外少ない。というか、少ない方がいいです。

吹き替え版の方がいろいろ粗探しができて面白いんですがw

DVDを買ったら、『リベンジ』のものも調べてみたいと思います。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。