トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


砂漠戦指揮官クイックストライク
今回から、写真のサイズを少しだけ大きくしました。

ではでは『ビーストウォーズメタルス』より砂漠戦指揮官クイックストライクです。

クイックストライク
【クイックストライク/QUICKSTRIKE】
登場作品:超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス
所属陣営:デストロン/PREDACONS
変形形態:サソリ+コブラ(フューザー)
キャラクターボイス:コリン・マードック(英)/飛田展男(日)

救命ポッドの機能不全によって二種類の動物をスキャンしフューザーとなったデストロン。
起動時の不調によってビーストモードの性質が支配的となったためか、誕生直後にシルバーボルトに襲い掛かるなど非常に狂暴な性格をしている。
本来はサイバトロンのプロトフォームから誕生した戦士であるが、メガトロンの策略によりアクティベイションコードを書き換えられ、デストロンの一員となった。
海外版ではカウボーイのような喋り方が特徴。日本語版では「ギッチョンチョン!」「ブラー!」などが口癖で、川口浩のモノマネが得意である。


クイックストライク7
「みんな!ビーストウォーズごっこで元気よく遊んでるかギッチョン?俺、クイックストライクの真似は出来るよな?ハ~ギッチョンチョンでブラ~!」


“クイックストライク”なんてネーミングは日本人じゃ絶対思いつかないでしょう。

そんなネーミングもキャラクターも大好きなクイックストライクです。

『ビーストウォーズメタルス』の第2話から登場した新キャラクターで、二種類の生物が混合した姿を持つフューザーに分類されるトランスフォーマーです。

序盤ではなかなかの活躍を見せてくれたのに、途中からなぜか失速…。

ヤラレ役、脇役に追い込まれてしまいました(泣)

それでも、他のキャラに負けないブッ飛んだキャラクター性を持ったクイックストライク。

川口浩だけでなく、森本レオ下条アトムなどのナレーションのモノマネが得意なクイックストライクw

小さいけど意外とがんばってるんですw



クイックストライク5

トイはオークションで1000円くらいで落札しました。

サイズは小さいですが、変形といい稼動といい、「小さいのによく出来ている」というのはまさにこのことです。

最初のフューザー戦士ですが、二種類の生き物が合体した姿という点で、クイックストライクは非常にシンプルで分かりやすく、それでいてコンセプトを上手く活かしたキャラクターなんじゃないでしょうか。

右腕のコブラはちょっと重たいので持ち上げた状態を維持することはあんまりできないですが…w


クイックストライク2

ビーストモードでギッチョン。

この攻撃的なスタイルといい、最高にカッコいいですね!

サソリとコブラ。

どちらも毒を持った生き物ですね。

デストロンと言えば暗めな色の印象が強いですが、彼に関してはメチャクチャ派手。

これはいわゆる「警戒色」ってヤツでしょうか。

とにかく派手にして「俺は危険だぞー!」と相手に警告しているわけですね。毒を持った生き物ですから。

ちなみにビーストモードでは日米共に低い声で喋るのが特徴です。

クイックストライク4

通称、下の口ことコブラ。

実はクイックストライクとは別の人格を持っているようで、本体から切り離されとき勝手に動いたりしてますw


クイックストライク3

クイックストライクを演ずるのは飛田展男さん。

出世作である『機動戦士Ζガンダム』のカミーユ・ビダン役が一番有名でしょう。

前作『ビーストウォーズ』ではテラザウラーの声を担当されていました。

他のトランスフォーマーつながりで言えば、『トランスフォーマー スーパーリンク』でナイトスクリーム、シグナルフレア、スプラング、ビルドロンの4役を担当されていました。

飛田さんはカッコいい役もすごく大好きなんですが、やたらハイテンションなキャラクターを演じられている時が一番好きですね(『星のカービィ』のコックカワサキとか)。

上記のナレーションのモノマネは飛田さんの特技で、それがアドリブに活かされたかたちになったようです。


クイックストライク6

サソリモチーフのキャラクターは前作のスコルポスがいましたが、残念ながらスコルポスは『メタルス』の第1話で死亡。

ちなみにテラザウラーも第1話で死亡。

つまり、クイックストライクはモチーフ的にも声優的にも、第1話で死んだ二人のキャラクターと入れ替わるかたちになったわけですね。

声優に関してはあくまで日本視点ですがw


クイックストライク8
クイックストライク9

せっかくなので、同じサソリモチーフのスコルポノックとw

同じモチーフでもコンセプトが違うだけでこうも違うとは…。

アメリカのデザイナーさんはスゴイなぁ。




(トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス「D-45 砂漠戦指揮官クイックストライク」より)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。