トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オブシディアン
ちょっと珍しいモノを入手したので紹介します。

『ビーストウォーズリターンズ』オブシディアンです。


オブシディアン7
【オブシディアン/OBSIDIAN】
登場作品:超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ
所属陣営:ヴィーコン/VHEICONS
変形形態:ティルトローター
キャラクターボイス:ポール・ドブソン(英)/小野坂昌也(日)

エアロドローンを指揮するドローンジェネラル。
そのスパークはデストロンの勇者のものであり、メガトロンによってジェネラルとして再生させられた。
一時的に、チータスとナイトスクリームに説得されサイバトロンと協力した事もある。
ガラの悪い大阪弁で喋るのが特徴。女性型トランスフォーマー・ストライカを相方とする。
「笑いの師匠」という理由でメガトロンに付き従う。


オブシディアン5
「お前アホちゃうか?!」


『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』はトランスフォーマー史上に残る最大の問題作です!

タイトルから分かるように『ビーストウォーズメタルス』の続編であり、海外で放送された『BEAST MACHINES』の翻訳版にあたる作品です。

製作は同じカナダのメインフレーム社なのですが、製作チームが異なるため作風が大きく変わってしまいました。

画面は暗く、明るさがまったく見えない鬱展開。

グロテスクで機械とも生物とも覚束ないキャラクターデザイン。

宗教じみたストーリー。

さまざまなマイナス要因が重なり、アメリカではトランスフォーマーの歴史そのものが終わるかもしれないというとんでもない事態にまで発展してしまいました(この後、日本製作の『トランスフォーマー カーロボット』を輸入することでシリーズを持ち直すことになります)。

このような経緯から日本での展開が絶望的な状況になっていましたが、モバイル放送によって放映することが決定。以降はカートゥーンネットワークなどで放映された模様です。

日本版独自の暴走アドリブはもちろん健在。

今回は地上波でないということからあらゆる制約が緩くなり、その内容は『メタルス』の伝説の最終回をはるかに超えます。

ストーリーの原型がかろうじて残っている程度で、原語版の陰鬱な内容は完全に消え去っています。

もう何がなんだか…。さすがにやりすぎだろうと思いましたねw


オブシディアン6

まぁそんなこんなでオブシディアン。

『リターンズ』の中盤に登場したキャラクターです。

オブシディアンという名前は「黒曜石」という意味で、すごく神秘的な雰囲気を感じさせる名前です。

それがこんな、やたらガラの悪い、捲し上げまくりの大阪人とは…。

まぁ小野坂だしなw

前回紹介したスラストも大阪弁の漫才キャラでしたな。漫才キャラ続きですな。

ちなみにオークションで600円で落札しました。


オブシディアン4

このオブシディアンは実は『リターンズ』の商品ではなく、海外で展開された『TRANSFORMERS:UNIVERSE』のものです。

本来はタンカーとのセット販売で、どちらも『リターンズ』と違うカラーリングになっています。

オブシディアンの場合、海外版や日本版などのバリエーションを含めて4種類ほどカラーパターンがあるのですが、ペドレオン的にはこの『UNIVERSE』版のカラーが一番気に入っていますね~。

そりゃあアニメ準拠のヤツがキャラ紹介的に一番なんでしょうけど、この紺色と赤の組み合わせがたまらんのですよ!w


オブシディアン3

ヴィークルモード。

ティルトローター機に変形します。V-22オスプレイっぽいような、違うようなw

変形はほぼ一発変形で、折りたたむだけでロボットモードに変形します。



オブシディアン2

機首部分が伸びて、生物の頭のようにグリグリ動きます。

『リターンズ』のコンセプトである、「有機体と無機体」の融合というのを表しているようです。

実際アニメでも、ヴィークルモードなのに首がグリグリ動くという演出は頻繁に見られました。

アニメ的には面白いですが、よくよく考えると気味が悪いww


オブシディアン

日本語版の声を担当したのは『ツヨシしっかりしなさい』井川強役で有名な小野坂昌也さん。

近年では大阪弁キャラの方が有名なようですが、小さい頃のペドレオンにはツヨシの声が猛烈に焼きついております。

よくよく考えると、メガトロン役の千葉繁さんとはこの頃からの縁なんですね(ツヨシの親友・渡辺役)。

不思議ではないけど、なんだか不思議な感じがしますw




(TRANSFORMERS:UNIVERSE「TONKER & OBSIDIAN」より)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。