トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特殊戦闘兵メタルスダイノボット
ダァー!主役のダイノボットだぁー!

みんな元気か?俺ぁ元気だぁーッ!


ダイノボット
【メタルスダイノボット/DINOBOT】
登場作品:超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス
所属陣営:デストロン/PREDACONS
変形形態:ヴェロキラプトル(トランスメタルスII)
キャラクターボイス:スコット・マクニール(英)/藤原啓治(日)

サイバトロンの英雄ダイノボットがトランスメタルス化した姿。
メガトロンのトランスメタルドライバーを用いた実験によって生み出された忠実なクローン兵士で、かつてのダイノボットとは別人。
オリジナルのダイノボットのDNAデータとランページのスパークをベースとしている。
性格は凶悪かつ凶暴で攻撃的。驚異的な自己再生能力を持つ。
しかし、物語終盤においてダイノボットとしての人格が蘇り、メガトロンに反旗を翻す。


ダイノボット7
「変身…メタルスダイノボット!」


『ビーストウォーズメタルス』から大人気のダーダー恐竜こと、ダイノボットです!

『ビースト』で一番好きなキャラなので、死んだときは本当に悲しかったです。

メタルスになって復活するときは飛び上がって喜んだものですが、非情な敵キャラクター(しかも別人設定)として蘇ったのを見て愕然としました(泣)

ただその嫌なストレスも、最終決戦においてすべて吹き飛ばされてしまったのですが…w


ダイノボット8

鋭い爪が凶悪ですね。

タイガーファルコンの項目でも書きましたが、「トランスメタルスII」にカテゴライズされるトイは非常にレアで、現在では入手困難です。

このダイちゃんも手に入れるのにかなり苦労しました(汗)

今ではとても愛着のあるトイです。

もともとダイノボットというキャラクター自体大好きだったのですが、そのダイノボットがさらにカッコよく、パワーアップした姿なのだから、ファンとして持たずにはいられないグッズの一つでしょう!


ダイノボット2

尻尾は取り外して武器として使用できます。

『変形!ヘンケイ!』版のグリムロックにも同じギミックが採用されていました。

デザインは秀逸ですが、両足をはじめ、各関節があまり可動しないためポージングの自由が効かないのが難点です。

アクションフィギュアとして見た場合、あまり出来が良いとは言えませんねぇ…。

あと両肩のパーツが大きすぎるのも…(両肩は足の付け根部分になるので大きさは仕方ないのかもしれません)。

でも飾っておくだけで、場の空気が妙に和むのはアニメのキャラクターのせいでしょうかw


ダイノボット6

なんというシザーハンズ

いえ、彼はジョニー・デップではありませんw

アメリカの安全基準に基づき、鋭利な部分は軟質素材で形成されています。

特に尻尾は、触るとものすんごく気持ちいいですw(プニプニしてますw)


ダイノボット4

ビーストモード。

『ジュラシック・パーク』で有名になった恐竜ヴェロキラプトルですが、かつてのダイノボットとは違い化石のようなデザインです。

まさに死者が蘇った姿ですね。

しかし、トランスメタルス2の特徴である有機物と無機物の融合体左右非対称という姿はキチンと再現されていて、なかなかケレン味のあるデザインです。


ダイノボット5

スパーククリスタルは頭部に仕込まれています。


ダイノボット3

日本語版ダイノボットを演じたのは藤原啓治さん。

『クレヨンしんちゃん』野原ひろしと言えば多くの日本人が理解してくれるでしょう。

狂暴な肉食恐竜という面だけでなく、コミカルなアドリブを織り交ぜ、終始視聴者を楽しませてくれました。

メタルスダイノボットではキャラクターが変化したせいで、ギャグキャラとしての面があまり見られなくなってしまいましたが。

それでも最終回のエンディングではトリを飾り、テレビの前の子どもたちに、

「まっ、何事も無理しないでいこうぜ!あばよっ!」

とメッセージを残してくれました。

本当に『ビーストウォーズ』という番組は、今のアニメに失われている大切なものを教えてくれました。

できることなら、もう一度藤原さん演じるダイノボットに会ってみたいですね。

あ、原語版ダイノボットを担当されたスコット・マクニールさんもかなり芸達者な方です(こっちにも書きましたが)。

特にダイちゃんは藤原さん版ダイちゃんと声がそっくりでビックリしました(『ビースト』の初期メンバーは割と原語と声似てます)。

声もきちんと原語版を意識しているのですね。

聞き比べてみると面白いですよ!



(トランスフォーマー ビーストウォーズメタルス「D-48 特殊戦闘兵メタルスダイノボット」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

質問なんですけド、
メタルスダイノボットはどれくらいの大きさですヵ??
【2009/07/26 14:25】 URL | 黒猫コロン #-[ 編集]


そうですねー。

ビーストモードは、ヘンケイ版ダイノボットと大差はないです。

ただ尻尾が長いので、全体の長さはムービーデラックスのクルマ2台分ぐらいあります。

ロボットモードはムービーデラックスよりやや小さいくらいですよ~。
【2009/07/27 13:10】 URL | ペドレオン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。