トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メガトロン(ROTF)
リベンジ第5弾でドーンと紹介!

破壊大帝メガトロン様です!


メガトロン
【メガトロン/MEGATRON】
登場作品:TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN
所属陣営:ディセプティコン/DECEPTICONS
変形形態:エイリアンタンク/エイリアンジェット
キャラクターボイス:ヒューゴ・ウィーヴィング(英)/中村浩太郎(日)

ディセプティコンのリーダー。
前作においてスパークを破壊され、ローレンシア海溝の深海に投棄されていた。
しかし、救助に向かったドクター、コンストラクティコン、ラヴィッジにより、オールスパークのカケラの力によって復活。
左腕が不完全な再生となっているものの、新たにエイリアンタンクへの変形能力を得た。
師であるザ・フォールンの命に従い、エネルゴンを生み出すための鍵、「指導者のマトリクス」を狙う。


メガトロン7
「Decepticons, begin our assault!」
(ディセプティコン、攻撃を開始しろ!)
Blank


前作において劇的な死を遂げたメガトロン様。

そのメガトロン様が『リベンジ』において堂々と復活!

ちょっと前作より弱いような気がしないでもないですが…。

まぁ復活したばっかりということでw

我らが破壊大帝は不滅です。


メガトロン10

見よ、この迫力!(政宗一成の声で)

前作のトイは持っていませんが、一目で劇中のイメージにかなり近づいたことがわかります。

全体的にマッシブで、特に下半身のボリュームに目が行きますね。

キャタピラで構成された足からパワフルさが伝わってきます。

まったく買うつもりはなかったのに、劇中での存在感に圧倒されて、気が付いたらレジに立っていましたw

過去に数多くのメガトロン様のトイが発売されましたが、このメガトロン様は間違いなくトップクラスの迫力とカッコよさを誇っているはずです!


メガトロン8

頭部のデザインも映画のCGに近くなっていて満足w

よーく見ると、初代メガトロンの意匠も見られるのがツボ。

しかし結構怖い顔ですね。破壊大帝だから当たり前ですが。

首は構成上、ごくわずかしか横に向きません。

ちょっとそこが不満ですかね。


メガトロン6

胸のレバーを下に降ろすと、

「I am Megatron!!」

というヒューゴ・ウィーヴィングの声と共に、目や胸が発光します。

『リベンジ』トイのラインナップに組み込まれている「メックアライブ機構」により、首や胸部のモールドも同時に可動。

これもなかなかカッコいいギミックです。

店頭でも触れるので確かめてみてくださいw

ヒューゴ・ウィーヴィングは『マトリックス』のエージェント・スミス役で有名な方です。

前作でキャストが発表された時、話題になりましたね。


メガトロン12

可動範囲は広く、色々なアクションポーズが付けられ遊びがいがあります。

特に右腕のフュージョンキャノンはかなり迫力があります!

しかし肘関節もなければロールすることもない、完全な固定式なのでここだけポージングが限定されます。

非常に惜しい…。

肩関節を動かすと発射音のようなサウンドが鳴ります。


メガトロン13

このようにスタスクを踏んづけることも可能ですw


メガトロン9

フュージョンキャノンはカバーを被せて、さらにエナジーソードを展開することができます。

設定では「デスロックピンサー」という名称が与えられているようです。

このブレードでオプティマスは……(泣)


メガトロン4

ヴィークルモードにトランスフォーム!

エイリアンタンクに変形。

さすがメガトロン様。地球の乗り物には興味ないって感じですか?

ヴィークルモードでも迫力が違います(色んな意味で)。

下半身を変形させると、あの「ギゴガガ!」変形音が!

フュージョンキャノンの発射ボタンを押すと、発射音のライト&サウンドギミックが楽しめます。


メガトロン3

戦車なので物凄く鈍い動きなんだろうなぁ~と思って映画を観てたら、なんら気にすることはありませんでしたww

だってメガトロン様、戦車とは思えないスピードで爆走しまくるんですよww

どんだけやねんww

あと、映画ではエイリアンジェットにも変形して、瞬く間に宇宙まで飛んでいきました。


メガトロン2

メガトロン様、顔丸出しですよ。

それ擬態してないですよ。

まぁ、メガトロン様は強ければそれでいいと思うので、擬態よりパワーを求める方なんでしょう。

デザイン画でもきちんと顔が存在しました。

設定画に忠実なトイです。


メガトロン11

うちの破壊大帝たち。

左上→ギガトロン様、右上→初代メガトロン様、右下→マスターガルバトロン様。

ギガトロン様以外は、まだ未紹介ですね。

これだけデストロンのリーダーが揃えば怖いものなしですw


(トランスフォーマー ムービー「RD-01 メガトロン」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。