トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョルト
いやー!もう今日は即効で買ってきましたw

ジョルトだけww

他には目もくれず、ジョルトだけww


ジョルト2
【ジョルト/JOLT】
登場作品:TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN
所属陣営:オートボット/AUTOBOTS
変形形態:シボレー・ボルト
キャラクターボイス:なし

ジョルトはオプティマス・プライムのメッセージを受け、新たに地球にやってきたオートボットである。
自身の電気を操る能力を用いて戦う優秀な戦士の一人として、悠然とディセプティコンに立ち向かう。
見寡黙な人物に見えるが、実は過激な行動でディセプティコンを脅かすのを楽しむ面も持ち合わせている。


ジョルト

映画では中盤から登場しながらも、まったく台詞がなく、しかも活躍シーンがほとんどないという空気キャラ・ジョルトです。

あまりにも空気だの、存在意義がないだの、ジョルトさんパねぇッスwwだの言われまくってちょっとイラっときてるこのごろですが、本日はそのジョルトのためだけにトイザらスに駆けつけ、ジョルトだけレジに持っていきました。

もちろん今日が発売日なのですが、発売日に買って発売日にレビューというのは当ブログ初のことです!w

いやいや、ジョルトのキャラクターもさることながら、このトイの出来が素晴らしいんですよ!

あえて言います。

個人的には『リベンジ』トイ最高傑作と言ってもいいです!w


ジョルト10

とにかく変形が面白い!

難しいわけでもなく、どちらかといえば簡単な方です。

が、この簡単さがクセになります。

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!(byシグマ) 遊べますw

何よりこの青いボディがたまりませんね。

クリアパーツも物凄く効果的です。

腕のエレクトロウィップはつまみを回転させることで出すことができます。


ジョルト9

後ろから見ると不思議な感じです。

羽根を折りたたんでいるみたいで、なんとなく哀愁が漂うようなw

あと、ブリスターの写真となんか違うような…。

ちなみに気付きにくいかもしれませんが、腰をロールさせるとクリアパーツ内のギアが可動します。


ジョルト8

可愛らしい顔立ちですw

映画じゃアップにならないので、どういう顔か確認できないんですよね~。

集光ギミックはちゃんと使われてるんですが、背中の突起が邪魔して光らない…。

空気キャラ空気キャラって言われてますけどー。

そもそも『スター・ウォーズ』なんか、きちんと名前・設定があるのにセリフもまったくなく、それでも画面の端っこで活躍しているキャラなんてわんさかいるんですよ。

それと同じような扱いだと思えば何てことない。

彼らが『スター・ウォーズ』という作品の立派な登場人物であるように、ジョルトもまた『トランスフォーマー:リベンジ』という作品の立派な登場人物なんです。

扱いなんて関係ない!


ジョルト7

熱く語ってしまいました。

ピーチはんがいるのは気にしないでくださいw

色々ポーズいじくってたら、「あれ、このポーズどこかで…」。

隣のピーチはんと似たような格好になってしまったんで、ツーショットw

うーむ、やはり相容れぬ世界観なのですね…。

違和感がww


ジョルト11

ビークルモードにトランスフォーム!

シボレーが来年(再来年?)の発売に向けて宣伝しまくりの最新鋭プラグインハイブリットカー、シボレー・ボルトです!

青い車体がカッコいいです。

なんと家庭用コンセントで充電できるという優れもの!

しかも充電時の電気代は約80セント!

どうです?お得ですよ~w


ジョルト5

ジョルトが電気を操るのは、おそらく電気自動車であり、名前が「ボルト」だからでしょう。

「ジョルト」の名称を使用したのも、「ボルト」との韻を踏んだ言葉遊びなんだと思います。

思えば、空気キャラになりながらもボルトを登場させたのは、やっぱりGMからの注文だったんじゃないでしょうか?

GMもこのクルマで色々巻き返せるか?


ジョルト4

車体後部(リアハッチかな?)には「VOLT」のマーキング。

これシャレて「JOLT」に出来なかったのかな?ww

そう言えばスキッズのナンバープレートが、まんま「SKIDS」だったのは面白いお遊びだと思いましたw


ジョルト6
「ジョルト、アフターバーナーを移植だ!」

いやいや、こんなポージングじゃなかったのは確かです。

映画で唯一のジョルト活躍シーン。

でも、めいっぱい両腕を広げてジェットファイアーのパーツをオプティマスに合体させる姿は最高でした!

ジョルト大好きだよ、ジョルト!


ジョルト3

「AUTOBOTS, ROLL OUT!!」

そういえば今回のオートボットたちは黄色に青に緑にオレンジと、やたらカラフルでしたな~w




(トランスフォーマー ムービー「RA-19 ジョルト」より)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。