トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トランスフォーマーに出演した名優

今回はちょっとテーマを変えて、『トランスフォーマー』シリーズに出演した俳優さんたちを紹介します。

あくまでロボットたちの声を担当した人に限りますが。

【オーソン・ウェルズ】
オーソン・ウェルズ

まずはオーソン・ウェルズです。

オーソン・ウェルズは、1938年にラジオドラマとして放送され、全米を大パニックに陥れた宇宙戦争The War of the Worlds)』をプロデュースした方です。

もちろん俳優、そして監督としても著名な人で、処女作である『市民権』……じゃなかった市民ケーンCitizen Kane)』では主演・監督・製作・脚本まで務めました。

そんなウェルズの遺作は、トランスフォーマーシリーズの劇場作品トランスフォーマー ザ・ムービーThe Transformers: The Movie)』です。

晩年のウェルズは、この作品で史上最大最悪のトランスフォーマー・ユニクロンの声を担当。

ユニクロン
↑この人

惑星から変形するというブッとんだスケールのキャラクターですが、トランスフォーマーシリーズでは唯一の劇場用アニメ映画(日本ではいくつか公開されてますが、『ビーストウォーズII』を除けばテレビ版の流用ばかりです)であり、制作費が40億円というアニメとしては多額な制作費からもその気合っぷりがよく分かるものです。

ちなみにこの40億という制作費はアメリカ側が出したものですが、製作を担当した日本側は全部使い切れずに半分くらい返したそうなww

ウェルズ演ずるユニクロンは淡々とした喋り方ですがそれが逆に不気味でおぞましく、まさに恐怖の象徴そのものです。

怖い怖いw

世間では「オーソン・ウェルズの遺作がアニメかよ」なんて言われてそうな気もしますが、ファンとしては記念すべき作品が遺作であるのは何かの縁じゃないかと思っています。


【レナード・ニモイ】
レナード・ニモイ

続いては、同じく『ザ・ムービー』にて破壊大帝メガトロンがユニクロンによって再生された新破壊大帝ガルバトロンの声を演ずるレナード・ニモイです。

レナード・ニモイと言えば、やはり『スタートレック(Star Trek)』シリーズのスポック役でしょう。

この役でどんだけ有名なんだろうこの人…。

とかなんとか言ってますが、実はあんまり『スタートレック』詳しくないんですよね~ww

ガルバトロン
↑ガルバトロン様

ガルバトロンのパワーアップ前の姿であるメガトロンは声優の神様として知られるフランク・ウェルカーが演じていますが、『ザ・ムービー』だけガルバトロンをニモイが担当しています(ちなみに、『ザ・ムービー』以降のテレビシリーズではフランク・ウェルカーが担当)。

フランク・ウェルカーに比べてかなりドスの効いた低い声で、メガトロンとは違った迫力がありました。

劇場版ということで、かなりキャスティングに気合が入っていますね。

ぶっちゃけファンには申し訳ないですが、やはりこういうドスの効いた声は破壊大帝の威厳を感じさせてくれるので、ニモイが演じるガルバトロンの方が好きだったりします。

そう言えば今年公開された『スター・トレック』(←スター・ウォーズのように点で区切るのがポイント?)にも出ていたらしいですが、はたして…?


【ジョージ・タケイ】
ジョージ・タケイ
↑あれ?バルカン人??

続きましてジョージ・タケイ

ジョージ・タケイは日系アメリカ人二世で、同じく『スタートレック』シリーズでヒカル・スールー(日本語版では加藤さん?)を演じていた俳優さんです。

詳しくないので分かりませんが、友人宅のテレビで『スタートレック』が流れていたとき(CS放送かな)に「日本人が出てる!」と驚いた記憶がありますww

タケイさんはいまだ日本で放送されていないアニメシリーズの『トランスフォーマー アニメイテッド(Transformers Animated)』ヨケトロンというキャラクターを演じています。

ヨケトロン
↑ヨケトロン先生

ヨケトロンはサイバーニンジャの開祖で、名前がトランスフォーマーシリーズ玩具の開発責任者であるタカラトミーの餘家英昭(よけ ひであき)から取られており、鎧兜を思わせるデザインをしているなど、かなり日本を意識したキャラクターです。

多分キャスティングも、日本人ということで選ばれたのでしょう。

単語をひとつひとつ区切るような、丁寧な喋り方が特徴のヨケトロン。

タケイさんがどう役作りをしたのかわかりませんが、落ち着いた道場の師範的なイメージが伝わってきます。

調べてみたら、ちょっと前にブームになったドラマ『ヒーローズ(Heroes)』では、マシ・オカ演じるヒロ・ナカムラの父、カイト・ナカムラを演じてたりしてたんですね。


【ランス・ヘンリクセン】
lance.jpg

大本命?

怪優ランス・ヘンリクセンです!

ランスはペドレオンの大好きな俳優で、『エイリアン(Alien)』シリーズでのビショップ役は有名すぎると思います。

もともとターミネーター役は彼が演じる予定だったというのは結構有名な話ですね。


ロックダウン
↑上の人

ランスが演じるのは賞金稼ぎのロックダウン

『アニメイテッド』に登場したゲストキャラクターです。

ファーストシーズンではたった一回の登場でしたが、その低くて凶悪そうな声にはゾクゾクしてしまいました。

いい声してますな、ランス。

ずっと前に玩具の方も紹介しましたが、あれはほぼ声優目当てですww

調べてみると、面白いことに案外アニメにも出演していたりするんですねー。


【ヒューゴ・ウィーヴィング】
ヒューゴ・ウィーヴィング
↑もう生え際が…

ラストはこの人、ヒューゴ・ウィーヴィング

映画俳優に詳しくない人に話すときは、『マトリックス(The Matrix)』エージェント・スミスと言えばわかってくれますw

ごめんなさい、この写真だと志村けんに見えるんですwww


メガトロン
↑コンセプトアートです。

ヒューゴは実写版映画『トランスフォーマー(Transformers)』『トランスフォーマー:リベンジ(Transformers: Revenge of the fallen)』メガトロンを演じています。

当初は「なんで原作のフランク・ウェルカーじゃねえんだ!」と批判がありましたが、結果としてはヒューゴの方が声にマッチしていたと思います。

監督のマイケル・ベイはキャラクターのイメージに俳優を重ねており、オプティマス・プライムはリーアム・ニーソン、メガトロンはヒューゴ・ウィーヴィング、バンブルビーはマイケル・J・フォックスのイメージで造形したとのこと。

メガトロンはそのまんまだったってことですねw

録音風景を見ましたが、かなりノリノリで演じてました。

こういう役好きなんだろうな~ww



探せばまだまだいるかもしれませんが、とりあえず有名な人だと思う5人をあげてみました。

今後の作品にも、意外な俳優さんが出るかもしれませんね。


テーマ:俳優 - ジャンル:アイドル・芸能


この記事に対するコメント

こんばんわraigerです。2010のガルバトロンの性格変更は声優が変わったことをうまくごまかすのに貢献していたのかなぁ。
 「キャラクターのイメージに俳優)これからすると続編に登場しそうなキャラの想像に役立ちそう。ところでジョルト君は誰がモチーフ?    
【2009/09/10 23:05】 URL | raiger #K6K43T0A[ 編集]

Re: タイトルなし
>2010のガルバトロンの性格変更は声優が変わったことをうまくごまかすのに貢献していたのかなぁ。

いや、そんな深くは考えられてないと思いますw
あの自体は「このキャラの声は絶対これ!」みたいな考えはあまりなかったですからねw

>ところでジョルト君は誰がモチーフ?

特にないと思われますw
個人的に、アイアンハイドはクリント・イーストウッドかなーと思ったり(セリフとか)。
【2009/09/11 21:28】 URL | ペドレオン #-[ 編集]

Re: タイトルなし
訂正訂正w

>あの自体

ではなく

「あの時代」でしたww
【2009/09/12 13:33】 URL | ペドレオン #-[ 編集]


こんにちは
ペドレオンアンクルですっ!

オーソンウェルズは
「第3の男」
「市民ケーン」などの映画を見てます
アテレコしてたとは!
このシリーズ全く知らない世代です
すみません

ミスタースポックは
あまりにも役の印象が強烈で
キャリアを狭めてしまいましたね
しかし
それはそれで
いいのではないでしょうか
一時代を築いたという意味で
羨ましいです

ジョージ・タケイは
むかし
「徹子の部屋」に出てたのを偶然見てびっくりしました
この人も
ある意味「もっとも有名な日系人」のひとりですね

ランス・ヘンリクセン
最近はB級ホラーB級SFばかりですが
ビショップ役で
知らぬものはいない存在
最近ジャングルで毒蜘蛛も飼育するマッドサイエンティストの役してました
ひどい映画でした

ヒューゴ・ウィーヴィング
「ミスタースミス」もよかったけれど
けっこう重要な映画に出てますね
「Vフォーなんとか」ではヒーロー役でしたし




【2009/09/14 21:39】 URL | sugarball #-[ 編集]

Re: タイトルなし
オォウ!マイアンクル!


オーソン・ウェルズは昔、H・G・ウェルズの子どもだと勘違いしていた時期がありましたww


なるほど、ミスタースポックはそれだけ著名なキャラクターのようですね。
調べてみたら、ほとんどのシリーズに登場しているみたいで。


おお、「徹子の部屋」!
最近ではテレビドラマやアニメでのゲスト出演が多いみたいですね。


ランスは、ブラザー2号が小さい頃に『きかんしゃトーマス』の映画版を観ていたときに、
やさしいおじさんの役で出ていてビックリした記憶があります。
こういうキャラの方が、安心感があって好きですねw


『Vフォー・ヴェンデッタ』ですね。イギリスのコミックが原作です。
他には『ロード・オブ・ザ・リング』のエルロンドが有名なんじゃないでしょうか。
【2009/09/15 17:43】 URL | ペドレオン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。