トランスフォーマーを中心とした玩具の紹介やってます。プリキュアをサブ要素にしているつもりだったりなかったり。映画の感想なども徒然と書いていきたいと思います。


プロフィール

ペドレオン

Author:ペドレオン
スペースビーストではありません。

九州の某県に住んでいる20代です。
これでも九州男児です。

勇者シリーズと平成ゴジラシリーズで育ったためオタク化しました。
今ではアメリカンコミックのスーパーヒーローとトランスフォーマーとプリキュアをこよなく愛しています。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神谷 明
神谷さんが小五郎を降板される。

【神谷 明】
無題


このニュースを聞いたとき、いてもたってもいられなくなりました。


神谷さんと言えば「カッコいいヒーロー」のイメージ。

代表作は言わずともみなさんわかるでしょう。

僕にとっては『超時空要塞マクロス』ロイ・フォッカーであり、もちろん『名探偵コナン』を見て育った世代なので、毛利小五郎=神谷さんという印象は果てしなく強いです。

『エンジェルハート』では久々に冴羽リョウの声を聞くことができ、『スーパーロボット大戦』にハマった時には嫌ってほど神谷さんの叫び声を聞いた記憶が…w




その神谷さんが、今回その小五郎役を降りることになった。

ブログには「役を解かれた」と書かれてあったので、製作側とのトラブルがあったものと予想されます。

実は以前にも似たようなケースがありました。

『キン肉マンII世』のテレビシリーズにおいて、キン肉マンことキン肉スグルを演じたのは神谷さん本人でなく、古川登志夫さんが演じられていました。

色々な憶測が飛び交いましたが、結果的には「製作サイドの予算の都合」ということで落ち着きました(神谷さんのギャラが高すぎて雇えない、という状況)。

しかし、今回の場合は別です。

神谷さん自らブログにその旨を書き込んでいるのですから。

神谷さんの演じる小五郎はすごくコミカルで、毎度楽しませてもらいました。

長い間、本当にお疲れ様でした。



とは言え、神谷さんは声優業を引退するわけではないので、これからもどこかで声を聞く機会はあると思われます。

その時は神谷さんの活躍を楽しみたいと思います。

テーマ:声優 - ジャンル:アイドル・芸能


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。